2013年08月26日

昨日の乗車記録

みなさん、こんばんは。エーデル丹後です!

今回は、昨日の復路分を綴ります。

☆☆☆☆☆

2013年(平成25年)8月25日(日)
北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線 上り240D列車(KTR704)

時々晴れ間が覗く空模様の下、上り240D列車は豊岡駅を発車していきました。

この日は、私の住む地域では小雨が降り「ひょっとしたら酷くなるかもしれない」と思い、通常の大きさの傘を持って外に出たのですが…結局は、折り畳み式傘で十分でした。事ある毎に「邪魔だな」と傘の存在を思っていましたが、座席を確保し、心なしか解放された気分でした。

但馬三江を発ちしばらくすると、何やら走行速度が落ちた感じが…そうこうする内に、列車は完全に停止しました。何事が起こったのか分からなかった私は、不安な気持ちに駆られました。すると、後ろの席から「鹿…」と聞こえてきました。まさか、と思っていると、運転士さんが「ただ今、鹿が車両に接近してきたので急ブレーキをかけました。直撃しませんでしたので、運転を再開いたします。」と放送されました。以前に、小動物と接触した当該列車に乗車していたことがあったのですが、何度経験してもいい気はしませんね…

次の久美浜で、下り235D列車(KTR802+707)と待合せ。担当は…ブレーキのかけ方が上手で、停車時の衝撃が少なく滑らかで、乗車していて心地いいと思う、運転士のMさんのようでした。ここだけの話…この方が乗務される列車に当たると、嬉しく思うんですよね♪

そして、丹後神野を発車し、眠気が襲いつつある中窓の外に視線を向けると…頭を垂れる稲穂が、辺り一面に広がっていました。最近は暑さが和らぎ、秋の訪れを感じるようになっていましたが、自然の風景でも秋への歩みを感じることができました。

しかし、眠気は容赦なく私に襲い掛かりました。そんな私を覚ますような光景が向こうにありました…赤く染まる、夕焼けの空と西日です。心洗われるような景色だったけど、贅沢言うと…もっと近くで見たかったなぁ。

網野では、下り237D列車(KTR709)と待合せ。

沿線の公園で夕涼みするおばあちゃんに見送られ、列車はどんどん進み、野田川で下り239D列車(KTR701)が待っていました。しばらく走り、目的地に到着。

たくさんの収穫があった旅を、無事に終えることができました。運転士さん、目的地に無事に送り届けてくださり、本当にありがとうございました。

また、乗せていってくださいね◎

追記:この日、京阪神や山陰等で大雨が降り、各地で大きな被害が出たそうです。みなさんのお住まいの地域では、被害は出ていませんでしょうか?遠くからではありますが、心配しております。
posted by エーデル丹後 at 21:39| Comment(0) | 乗車記録 | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

本日の乗車記録

みなさん、こんばんは。エーデル丹後です☆

今回から時々「乗車記録」という視点で、新たな面から綴っていこうと思います。

☆☆☆☆☆

2013年(平成25年)8月25日(日)
北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線
下り223D(KTR705)

今朝は小雨が降っていましたが、
暑い日が続いていたので、これくらい涼しい日は嬉しく思いました。
ただ、どんよりとした空を見て、自ずと気分が憂鬱に…

しかし、その先に広がる景色が、そんな雰囲気を打ち消してくれました。

すっきりしない天気の中、突如…稲穂が列車を包んだのです。
辺り一面が、色づき始めた稲穂で満たされていました。
遮るものは近くに無く、私は圧倒されました。
「もうこんな時期なのか、知らぬ間に時間は過ぎていくのか」と。
ふと目をやった景色に、心洗われたような気がしました。

とある駅で発車間際に駆け足気味で乗車した彼女たちは、
着席した途端、楽しそうにおしゃべりを始めたのです。
息を切らさず話すなんて…若いねぇ。
先日誕生日を迎えた私は、密かに羨ましく思いました(笑)

また別の駅では、たくさんの方が乗車されました。
ここで、一気に車内が賑やかになりました。

どこから来られたのだろうか?どこへ向かわれるのだろうか?
見ず知らずの方ばっかりですが、この時間を共有できて嬉しかったです。

私は目的地までは単独行動でしたので
「今度は友達と一緒に乗ろう!」とわくわくした気分でした。

そんな中…

携帯電話でTwitterを見て驚き、JR西日本の運行情報を確認しました。すると…

「旅行見合わせのお願い」
「振替輸送不可能」
「運休・遅延が発生しています」
「大幅に速度を落として運行中です」
「運転区間短縮」
これ等の他にもたくさんの情報が並んでいました。

北近畿では荒れた天気でなかったので、信じがたい情報でした。

みなさんがお住まいの地域では、被害は出ていませんか?
北近畿から、みなさんの事を心配しております。

景色に心洗われ、
女の子たちの若さを羨ましく思い、
時間を共有できたことに感謝し、
荒天の被害を心配し…

この列車に乗車しなかったら、この展開は無かったでしょう。

そうこうする内に目的地に到着したので、私は下車しました。
もわっ、とした少し暖かい空気がまとわりつきましたが、爽やかな風が直ぐに拭い去ってくれました。

運転士さん、無事に目的地まで送り届けてくださり、本当にありがとうございました。

また乗せていってくださいね♪
posted by エーデル丹後 at 22:53| Comment(0) | 乗車記録 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。