2012年08月27日

実るほどに頭を垂れる稲穂かな

みなさん、こんばんは!エーデル丹後です。

今日も暑かったですね…いつまでこの暑さは続くんでしょうか。
外出が億劫になりますよ、これは。

…と言いつつも、
用事がありましたので西舞鶴まで出かけておりました。
行きは車に乗っけてもらったんで楽でしたが、一歩外へ出た途端…
暑さが「ムワッ!」襲ってくる始末(-_-;)
少し歩いただけでも汗が…

何かもう、暑さの事しか書いとらんのとちゃうか?(笑)
…けど、暑いでしゃあないでしょう!

帰りはKTR(北近畿タンゴ鉄道)の汽車に乗って家路を急ぎ…
と思いきや、「冷房不具合のため、窓を開けて…」との
アテンダントさんによるアナウンスが。
そうそう、冷房の調子が悪い車両が幾つかあるんです。

しかし、自然の風も気持ちいいんですよ!
機械が作った風には涼しさで劣るかもしれんけど、
爽やかさなら負けんと思う^^!
窓の外に広がる景色があったら、相乗効果でなお一層☆

ただ…窓を開ける事に、難点がありまして。

トンネル通過時の轟音が凄まじい。
カーテンが暴れまくって、てんやわんや(笑)

前者は、耳を塞ぎたくなる(いや、耳を塞がんとあかん)うるささですよ。
窓全開でご乗車の際は、塞ぐ準備をお忘れなく!

後者は、吹き込んでくる風が大荒れの天気の際の強さで…
従って、タッセルでカーテンをまとめてないとバタバタ暴れて大変です!
しかし、今日の風はタッセルが役立たずでした(苦笑)
普通にしたんではすぐにすり抜けてしまったので、
ぐるぐる巻きにしてカーテンの動きを止めて…(-_-;)



涼しくなったつもりが一汗かいてしまい…うなだれていると、
心奪われる景色が、辺り一面に広がっていました。

それは、頭を垂れる稲穂たち。

秋の近づきを知らせる、実り豊かな自然からの恵みが
収穫を今か今かと待っている。
風に吹かれて、活き活きとした表情を見せてくれている。

久しぶりに、自然の景色を見て感動した気がする。
近くに、こんなに素晴らしい景色が広がっていたのか…
近くにあるほど気付くのが遅い…って事、ありません?

見とれてしまって、写真は撮れませんでしたよ!
撮る場合じゃないです、あれは!

なので…実際に乗って、車窓からの風景をご堪能ください。

これからは…感謝の気持ちを持って、味わって、ご飯を食べんとなあ。
posted by エーデル丹後 at 23:11| Comment(0) | 北近畿タンゴ鉄道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。